気象相関分析サービスAnalysis using WxTech Data

気象データと売上や客数などお手持ちのデータを掛け合わせて最も気候影響があるお天気の要素が分かります。 お店の売上と気温の影響などの簡易分析も可能。降水量や寒暖差など天気の影響を解析することができます。

パソコンでは無料で分析ができます
https://wxtech.weathernews.com

データと天気の相関分析

お手持ちのデータと最も関係性の強いお天気の要素が分かります。 お店の売上や商品の販売数などが、気温や降水量などとどんな関係性があるかがわかります。

どんな分析ができる?

  • 1.相関の強い気象要素が見つかります。
  • 2.相関の強い気象要素と分析データの日ごとの変化がわかります
  • 3.分析データと相関性の強い上位5つの気象要素がわかります。また相関図で分布を確認出来ます。

こんな分析ができます

  • 1種類のデータを分析できます。
  • 1日ごとの数値データを31日間まで分析できます。
  • 1km メッシュの高解像度過去天気データで分析します。
  • ・最高気温
  • ・最低気温
  • ・平均気温
  • ・日中(9-18)の最高気温
  • ・日中の最低気温
  • ・日中の平均気温
  • ・朝(0-9)の最低気温
  • ・当日寒暖差
  • ・降水量
  • ・日中の降水量
  • ・1時間最大降水量
  • ・平均湿度
  • ・最小湿度
  • ・日中の平均湿度
  • ・最大湿度
  • ・最大風速最多風向
  • ・平均風速

※ 複数データの分析や31日以上の分析を実施する際は、1km メッシュの過去天気データをご活用ください。

簡易分析はパソコンでご利用いただけます
分析したいデータをご用意してパソコンでお試しください。

分析をはじめてみましょう

  • 1
  • 2
  • 3

STEP 1データを準備しましょう

ダウンロードボタンを押して、データ入力用の CSV ファイルを入手してください。
CSVにデータ入力ができたら次のステップに進みましょう

ダウンロード

  • 日付を入力してください。
    YYYY/MM/DD の方式で31日分を入力できます。
    (例) 2020/05/25
  • 分析したいデータを1日毎に数値で入力してください。
  • 入力が終わりましたらファイルを保存して準備完了です。

ステップ2へ進む

STEP 2地点を設定する

分析する地点を地図上でクリックしてピンを表示させてください。
検索ボックスに地点を入力して選択すると、その地点まで地図が移動します。地点にピンを表示させたら次のステップに進みましょう。

ステップ1に戻る

ステップ3へ進む

STEP 3データを選択して分析開始

ファイル選択ボタンを押して、分析するデータファイルを選択してください。
ファイルを選択できたら分析実行ボタンを押して、分析してみましょう。

ステップ2に戻る

分析実行

分析結果
{{bestResult.element}}との{{bestResult.soukanText}} 相関関係のある気象要素はありませんでした
期間や地点を変更して分析すると、相関関係が現れることがあります。
詳細な分析には、1km メッシュ過去天気データをご活用ください。

分析地点

{{location || ''}}(緯度 {{lat}} 経度 {{lon}})

日ごとのデータ{{strftime('%Y/%m/%d', new Date(result.input.date[0]))}} - {{strftime('%Y/%m/%d', new Date(result.input.date[result.input.date.length-1]))}}

分析結果

分析結果トップ5

ランク気象要素相関係数
{{n+1}}{{d.element}}{{d.R}}
  • 凡例
  • 0.7-1.0 強い相関あり
  • 0.4-0.7 相関関係あり
  • 0.2-0.4 弱い相関あり
  • 0.0-0.2 相関関係ほとんどなし

相関図

もういちど分析する

お問い合わせ

分析結果についての問い合わせは、お問い合わせボタンを押した先のフォームより送信をしてください。
複数のデータ分析、31日以上の期間の分析や、1時間毎の分析などを実施したい場合も同様に下記のお問い合わせボタンを押した先のフォームよりご相談ください。

複数データの分析や、31日間以上の分析を行いたい場合、下記のお問い合わせよりご相談を承ります。
お気軽にご相談ください。

エラー

{{errorMessage}}

閉じる