天気連動広告サービスWxTech for Advertisements

業界一の高解像度・高精度な気象データに連動した広告配信で、訴求効果を最大化することができます。

累計2,000万ダウンロード以上のアプリ「ウェザーニュース」にて掲載できます。

「天気連動広告」は、ウェザーニューズが解析・予測する1kmメッシュの高解像度気象データとアプリのユーザーの位置情報とを掛け合わせ、ユーザーの現在地の気象状況に応じた広告を、累計2,000万ダウンロードを突破したアプリ「ウェザーニュース」内で自動配信できるサービスです。
毎日の生活における必要情報として、定期的に気象情報を閲覧しにくるユーザーへタイムリーに働きかけることができるため、商品への興味関心や購買意欲の向上が期待できます。

高精度・高解像度の気象データと地点データを組み合わせることで、広告のポテンシャルを最大限に高め、CTR、CPAを向上します

天気、気温、雨量、湿度、体感データ等から指定して出稿できます。

1kmメッシュで広告を出し分ける高度な広告サービス

ウェザーニューズでは、全国約13,000地点にも及ぶ日本最大の気象観測網と、ユーザーから寄せられる天気・体感報告を活用し、1kmメッシュで独自に天気を解析・予報しています。

例えば、5kmメッシュの天気予報では「晴れ」のエリアでも、1kmメッシュの天気予報では「晴れ」「曇り」「雨」のエリアが含まれていることがあります。
ウェザーニュースの「天気連動広告」では、この細密な天気予報をもとに1kmメッシュで広告を出し分け、ユーザーの居場所の天気に合わせた精度の高いターゲティングで、広告効果の向上が期待できます。

仕様

掲載箇所
ウェザーニュースアプリ 起動時画面「マイ天気」下部
imp単価
0.8円〜
バナーサイズ
320px x 100px
容量
150KB以内
形式
PNG、JPEG
申込単位(エリア)
都道府県
最低出稿imp数
選択した要素による
最低出稿金額
50万円
出稿期間
概ね1ヶ月〜(選択した要素、出稿量による)

お問い合わせ

ウェザーニュース媒体資料、天気連動広告についてはこちらからご相談ください。